坐骨神経痛

坐骨神経は腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下3分の1の高さ)で前後とに分かれて走行しています。

歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通り、下肢の動きに関してはこの坐骨神経(末梢神経)に無意識に指令が出ています。

また、下肢の皮膚感覚にも大切な働きをしています。

坐骨神経痛は、神経が圧迫される為、腰・臀部~下肢にシビレや,知覚(温冷)異常が生じ、症状の進行にともない、激しい痛みへと移行するおそれがあります。

そうなると歩いたり座ったりということが制限されることが多く、日常生活に大きな支障をきたします。

お体に負担がかかることにより梨状筋症候群という疾患が生じます。

梨状筋は仙骨(お尻の真ん中の骨)から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります。

この筋肉が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。

比較的稀な疾患とされていますが、約10%の頻度で坐骨神経のバリエーションが存在することから、見過ごされていることも少なくないと思われます。

一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、脊柱管狭窄症とは腰椎(腰の骨)が老化などにより変形し、脊柱管(神経が通る穴)が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。

主な特徴は"間欠性跛行"という症状で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛み、しびれなどが出現します。

しばらく休息をとると再び歩行ができます。また自転車を運転していると(前傾姿勢をとると)症状が緩和されます

以上のことから座骨神経痛は、身体の歪みにより神経、筋肉が圧迫されて引き起こされる症状であり当院では、矯正および筋徒手療法を用い痛み痺れの根源である神経、筋肉の状態を改善していきます。

坐骨神経痛の症状についてお悩みの方は、かすが整骨院までご相談ください。

QRコード

モバイル予約もできるケータイサイト

読取機能付きのケータイなら、左のバーコードから簡単にアクセス!

http://kasuga-seikotsu.com/

よくあるご質問 かすが整骨院ブログ

「かすが整骨院」のご案内

詳しいご案内は、こちら

「かすが整骨院」のご案内
[住所]
大阪府大阪市此花区春日出北2-13-14

地図・アクセス

[電話番号]
06-6468-2911

予約の患者様を優先させていただきます。

直前予約も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

空き時間もわかるインターネット予約は、コチラ

[受付時間]
平日:AM9:00~PM1:00、PM4:00~PM8:00
土曜:AM8:30~PM1:00
[定休日]
日曜、祝日
※年末年始など臨時にお休みさせていただくことがあります。
[治療内容]
矯正治療、零式整体、筋徒手治療
  • 大阪市西区の加圧トレーニングジムKIREI(キレイ)
  • 大阪市城東区関目の「すこやか整骨院」
  • 大阪市城東区今福東の矯正・整体・針灸治療「いまふく鍼灸整骨院」
  • 堺市の整骨院「ごう整骨院 堺院」

ページトップに戻る